赤毛のアン 主題歌・オープニングテーマ曲

テレビアニメ「世界名作劇場」/歌:大和田 りつこ

「赤毛のアン」は、1979年に放送された世界名作劇場シリーズのテレビアニメ。原作は、カナダの作家L・M・モンゴメリが1908年に発表した長編小説「グリーンゲイブルズのアン Anne of Green Gables」。

スタジオジブリの宮崎駿が第15話まで作画スタッフとして参加していたが、アニメ映画「ルパン三世 カリオストロの城」制作に参加するため途中降板した。

色彩的でロマンチックなオープニングテーマ

「赤毛のアン」主題歌・オープニングテーマ曲『きこえるかしら』は、クラシック音楽家の三善晃(みよし あきら/1933-2013)により作曲された。

三善氏はパリ国立高等音楽院に3年間留学していた経験があり、「赤毛のアン」オープニングやエンディング曲でも、フランス近代音楽を思わせる色彩的な和声やロマンチックで豊かな管弦楽法が駆使されている。

作詞は、世界名作劇場シリーズ「アルプスの少女ハイジ」、「フランダースの犬」、「あらいぐまラスカル」全オープニング・エンディング曲の歌詞を担当した童話作家・岸田衿子(きしだ えりこ/1929-2011)。

歌は、NHK「たのしいきょうしつ」、「ワンツー・どん」、「できるかな」などに「歌のおねえさん」として出演していた童謡歌手・大和田 りつこ。

山田栄子のアニメ声優デビュー作

主人公アンを演じた山田栄子は、この世界名作劇場「赤毛のアン」がアニメ声優としてのデビュー作となった。

1981年には「忍者ハットリくん」影千代役、1983年「キャプテン翼」岬太郎役、1985年の世界名作劇場「小公女セーラ」ラビニア役など、80年代を中心にアニメ声優として活動の幅を広げていった。

関連ページ

NHK朝の連続ドラマ「花子とアン」
2014年4月から放送された朝ドラ。主人公・ヒロインは、「赤毛のアン」を日本で初めて翻訳した児童文学者の村岡 花子。

【試聴】赤毛のアン 世界名作劇場 きこえるかしら