チョコレートは明治 meiji
明治チョコレートCMソング

CMソング・企業テーマソング

「チョコレートは明治」のフレーズで知られる明治ミルクチョコレートCMソングは、『見上げてごらん夜の星を』を手がけた作曲家いずみたく氏により作詞・作曲された明治チョコレート・テーマソング。

 

明治ミルクチョコレートは、1926年(大正15年)から発売されているロングセラー商品で、1966年から「チョコレートは明治♪」のCMソングがテレビ放映されている。発売100周年を迎える2026年には、何らかの記念的なキャンペーンが行われることだろう。

いずみたく氏の『見上げてごらん夜の星を』(歌:坂本九)がリリースされたのは1963年のこと。明治チョコレートCMソングはその3年後からということになる。

歌詞は「チョコレート チョコレート チョコレートは明治♪」が2回繰り返されるだけという非常にシンプルなもの。このシンプルさは明治ミルクチョコレートのピュアなイメージにもうまくつながっているように感じられる。

メロディは、チャイコフスキー『こんぺいとうの踊り』(組曲「くるみ割り人形」より)や、サン=サーンス組曲「動物の謝肉祭」より『水族館』を思わせるような、神秘的でメルヘンな独特の世界観。

どこか物憂げで切ない印象の中にも、純粋な気持ちやひたむきさが感じられ、甘く美しいチョコレートの世界が数十秒のメロディに巧みに表現されていると言えよう。

【試聴】松本潤 明治ミルクチョコレート「チョコレート工場」篇 30s

【試聴】森高千里 CM 明治チョコレート 犬散歩

関連ページ

CMソング・企業テーマソング 有名な曲
テレビCMで定番の企業テーマソング・CMソング特集