不良少女とよばれて ドラマ主題歌・テーマ曲

大映テレビドラマ/主演:いとうまい子

『不良少女とよばれて』は、1984年4月17日~9月25日にTBS系列で放送された大映テレビ製作のテレビドラマ

原作は舞楽者である原笙子(はらしょうこ/1933-2005)の自伝的小説『不良少女とよばれて』(1978年出版)。

「おまえなんか生むんじゃなかった」という母親の不用意な一言から非行に走り、「不良少女」のレッテルを貼られた曽我笙子。

彼女に舞学者としての才能を見出した民間舞楽の若き担い手・久樹哲也の愛を受けて更生し、舞学の道を歩み出すまでを描く。

原笙子はどんな人?

原笙子は、24歳の1957年、日本で唯一の女人舞楽を担う「京都舞楽会」を立ち上げ、男性中心の舞楽界に新風を吹き込んだ。

1985年には、兵庫県芦屋市において女人舞楽の会「原笙会」を設立。日本はもとより世界各国にて公演活動を行っていた。

主人公を演じた伊藤麻衣子

テレビドラマの主人公「曽我笙子(そがしょうこ)」を演じたのは、名古屋市出身の女優いとうまい子(当時は伊藤麻衣子)。1982年、ミスマガジンコンテストの初代グランプリを受賞。1983年、シングル「微熱かナ」で歌手としてデビューした。

1983年4月19日~9月27日にTBS系列で放送された大映テレビ製作のテレビドラマ「高校聖夫婦(こうこうせいふうふ)」では、主役の「上条典子」役でドラマデビューを果たし、翌年の『不良少女とよばれて』でも主役の座を射止めた。

主題歌は映画『フットルース Footloose』挿入歌『NEVER』

「傷つき壊れたときが強くなるチャンスだから」の歌い出して知られる『不良少女とよばれて』の主題歌は、1984年公開のアメリカ映画『フットルース(Footloose)』の挿入歌『NEVER』。ドラマで使用された日本語版は、元ピンクレディーの未唯(当時はMIE)が歌っている。

【試聴】フットルース挿入歌『Never』