スチュワーデス物語 ドラマ主題歌・テーマ曲

大映テレビドラマ/主演:堀ちえみ

『スチュワーデス物語』は、1983年10月18日から1984年3月27日までTBS系列で放送された大映テレビドラマ

日本航空のスチュワーデス訓練生が一人前のスチュワーデスになるまでの苦闘の日々を描く。

全23回の放送を通じた平均視聴率が約20%、最高視聴率は26.8%を記録するなど、高視聴率を獲得した人気ドラマとなった。

「ドジでのろまなカメ」、「教官!」「やるっきゃない」などのドラマ内のセリフは当時流行語にもなった。

日本航空の全面協力の元に制作されたため、羽田空港内にある客室乗務員訓練センター(現在は空港内の別の場所に移転)や成田空港のオペレーションセンター、成田空港第一ターミナルの北ウイングなど、実際の空港施設でのロケが実現しドラマの臨場感を高めた。

教官の元婚約者は「2時間ドラマの女王」

主演は当時のアイドルであった堀ちえみ。日本航空のパイロットであった今はなき父親の思い出を胸に、スチュワーデスへの道を進みだした高校卒の日本航空のスチュワーデス訓練生である松本千秋を演じた。

478期担当教官の「村沢浩」役は風間杜夫(かざま もりお)、主人公の継父「松本誠治」役は長門裕之、教官の元婚約者だった「新藤真理子」役は、今日の「2時間ドラマの女王」こと片平なぎさが演じた。

片平なぎさ演じる「新藤真理子」は非情な悪役であったため、プライベートで街を歩いているときなども、ドラマの中の彼女を憎たらしく思った番組ファンから度々石などを投げつけられたこともあったという。

主題歌は映画「フラッシュダンス」テーマソング

『スチュワーデス物語』の主題歌は、ドラマ放送開始の1983年に公開されたアメリカ映画『フラッシュダンス(Flashdance)』の主題歌『What a feeling(ホワット・ア・フィーリング)』。

日本語版の『What a feeling(ホワット・ア・フィーリング)』を歌った麻倉未稀(あさくら みき)は、1984年からTBS系列で放送された大映テレビドラマ『スクール・ウォーズ』の主題歌『ヒーロー』を歌ったことでも有名。

【試聴】フラッシュダンス Flashdance... What a Feeling