坂の上の雲 主題歌『Stand Alone』

歌:サラ・ブライトマン/作曲:久石譲

「坂の上の雲」は、司馬遼太郎の同名の小説を原作とするNHKスペシャルドラマ。2009年から2011年にかけて、3部構成で年末に放送された。

大河ドラマに準ずる内容で、当初は「21世紀スペシャル大河ドラマ」の位置付けも検討されていた。明治時代から日清・日露戦争までが歴史的な舞台として描かれた。

主演・主なキャストは、本木雅弘(秋山真之)、阿部寛(兄の秋山好古)、香川照之(正岡子規)、菅野美穂(子規の妹・律)。

主題歌は久石譲『Stand Alone』

「坂の上の雲」主題歌・テーマ曲は、ジブリ映画の音楽・主題歌を多数手掛ける久石譲(ひさいし じょう/1950-)作曲による『Stand Alone』(スタンド・アローン)。

作詞は、第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した2008年の映画「おくりびと」の脚本を手掛けた小山薫堂(こやま くんどう/1964-)。

サラ・ブライトマンの美しいヴォカリーズ

2009年放送の「坂の上の雲」第1部では、イギリスの人気ソプラノ歌手サラ・ブライトマンが歌い手を務めた。母音のみによって歌う歌唱法ヴォカリーズ(vocalise)による歌のほか、日本語の歌詞もサラ・ブライトマンの歌声で披露された。

第2部(2010年)オープニングの歌手は、1998年イタリア・カマイオーレ国際コンクールオペラの部でのダブル優勝という日本人初の快挙を成し遂げた森麻季(もり まき/1970-)。彼女は日本人として初めてワシントン・ナショナル・オペラに出演し、ワシントン・アワードを受賞している。

「坂の上の雲」第3部(2011年)では、作曲家の久石譲の娘・麻衣 (まい/1979-)の歌唱が主題歌に用いられた。彼女は4歳の時、宮崎駿監督のジブリ映画「風の谷のナウシカ」で、「ラン、ランララ ランランラン・・・」と歌う「ナウシカ・レクイエム」で早くも歌手デビューを果たしていたことは有名な話。

「坂の上の雲」オリジナル・サウンドトラック - 久石譲

【Amazon MP3 視聴】

第2部 ソプラノ歌手・森麻季バージョン『Stand Alone』

サラ・ブライトマン × 久石 譲 with ピアノ 『Stand Alone with Piano』

【試聴】主題歌「Stand Alone」 Vocalise(第1部) + 森麻季(第2部)

【試聴】ピアノソロ演奏

坂の上の雲 ピアノ&コーラス楽譜

サラ・ブライトマンが歌う主題歌『standalone』(スタンド・アローン)ピアノソロ、ピアノ弾き語り、混声三部合唱、その他サントラ曲2曲の楽譜。
しっかりとした作りで用途も広く安心感があるオススメの楽譜。