小さな世界 It's a Small World

小さな世界(It's a Small World)』は、ディズニーランドの人気アトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド」のテーマソング。

世界平和をテーマにしたアトラクションで、アトラクション内には様々な少年少女のオーディオ・アニマトロニクス(歌うロボット)が登場する。

東京ディズニーランド ミュージック・アルバム

作曲はディズニー映画音楽のシャーマン兄弟

作曲者は、「メリー・ポピンズ」や「チキ・チキ・バン・バン」など、ディズニー映画の人気作品サントラを手掛け、 アカデミー作曲賞や歌曲賞を受賞しているシャーマン兄弟(The Sherman Brothers)。

1962年当時、ディズニーのアトラクション「Children of the World」(チルドレン・オブ・ザ・ワールド/子供の世界)にはテーマ曲がなかった。

そこでシャーマン兄弟が『It's a small world (after all』を作曲し、ウォルト・ディズニーの要望で陽気なアレンジのテーマソングが完成。アトラクションも曲名と同じ名称に変更された。

国によって微妙に内容が違う?

アメリカ・日本・フランスなど世界各国に存在するディズニーランドでは、「イッツ・ア・スモール・ワールド It's a Small World」の内容が国によって微妙に異なっているようだ。

ボートに乗り世界各国を旅するという内容はどこの国も同じだが、東京ディズニーランドであれば日本、フランスのディズニーランドであればパリなど、それぞれ自分の国の特色を打ち出したセクションを設けているようだ。

なお、最後のクライマックスでは、白い衣装を身にまとった少年少女たちが自国の言葉で『小さな世界』を歌い上げるという演出はどの国も同じ。

【試聴】小さな世界 世界各国バージョン