崖の上のポニョ 主題歌・テーマ曲・音楽は?

ジブリ映画主題歌/作曲:久石譲/作詞:近藤勝也、宮崎駿

2008年公開のスタジオジブリ長編アニメ映画「崖の上のポニョ」。当時8歳前後の大橋のぞみが歌った主題歌・エンディングテーマ曲は、映画公開と共にオリコン週間チャートでTOP10入りするヒット曲となった。

主題歌「崖の上のポニョ」の作曲は、ジブリ映画の音楽を長年担当している久石譲、作詞は作画監督の近藤勝也、宮崎駿も一部作詞に加わった。

なお、「崖の上のポニョ」オープニングで流れる歌は、林正子が歌う『海のおかあさん』。歌詞は、「千と千尋の神隠し」主題歌『いつも何度でも』を作詞した詩人・覚 和歌子(かく わかこ)の詩集から翻案された。作曲は久石譲。

デモから本採用となった大橋のぞみ

歌手を決めるにあたって、最初はテスト的な意味合いから、セントラル子供劇団に所属していた大橋のぞみに試験的にデモ用のトラックを歌ってもらったが、宮崎駿が彼女の歌声を気に入り、そのまま本番の歌手として起用されることになった。

大橋のぞみが歌う主題歌「崖の上のポニョ」は、映画公開の半年以上前の2007年12月5日にリリースされた。一般的に映画主題歌のCDは公開時期に合わせてリリースされるが、本作品についてはクリスマス商戦が強く意識されて年内の発売となったようだ。

リリース当初は全く売れなかった主題歌

ミリオンを狙える曲として、ジブリの鈴木プロデューサーは主題歌「崖の上のポニョ」に大きな期待を寄せていたが、映画公開の半年以上前ということもあり、CDセールスは半年間で約3,000枚の横ばい状態。オリコンシングルチャートの100位以内にすら一度も入らなかった。

しかし、映画公開が近づき、テレビなどで「崖の上のポニョ」に関する情報が広く伝わり作品の認知度が高まると状況は一変。公開直後のオリコンシングルデイリーチャート(2008年7月21日付)で1位、その後も週間チャート4週連続3位、月間チャートで2ヶ月連続5位を記録するなど、11週連続でオリコンチャートTOP10入りを記録する大ヒット曲となった。

主題歌「崖の上のポニョ」のヒットを受けて、大橋のぞみは2008年の第59回NHK紅白歌合戦に出場。当時9歳だった彼女は、紅白出場の史上最年少出場記録を54年ぶりに更新する快挙を果たした。なお、2011年に芦田愛菜が7歳で出場し最年少記録を更新している。

【試聴】崖の上のポニョ 予告編と主題歌