メモリー Memory ミュージカル「キャッツ CATS」

『メモリー Memory』は、ブロードウェイミュージカル『キャッツ CATS』の劇中歌。

歌うのは、かつては魅力的な猫だったグリザベラ(Grizabella)。しかし今や老いて美貌を失い、唯一残ったのは美しい思い出(メモリー)だけ。歌詞の中には、彼女の哀しい心情が切々と歌い込まれている。

キャッツ [Blu-ray]

作曲は、ミュージカル『オペラ座の怪人』を手がけたイギリスの作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー (Sir Andrew Lloyd-Webber/1948-)。

ちなみに、イギリス人ソプラノ歌手サラ・ブライトマンは、ロイド=ウェバーの元妻。彼によって、『オペラ座の怪人』の主役にサラ・ブライトマンが抜擢された。

【関連ページ】 ミュージカル『オペラ座の怪人』へ

【関連ページ】 ミュージカルで有名な曲特集へ

【試聴】メモリー Memory