映画「誰も守ってくれない」主題歌
リベラ「あなたがいるから」

映画主題歌・テーマ曲・サントラ[2009/1/23]

今週24日土曜日に公開される映画「誰も守ってくれない」。この映画は、シリアスでドキュメンタリータッチの内容なのだが、こういう社会派的作品はたまに見ると結構面白かったりする。

ストーリーでは、マスコミによる暴力的報道を受けた犯罪者の「家族の」視点から、マスメディアによる容赦ない社会的制裁に心を閉ざす少女(犯人の妹)と刑事の心の交流が描かれている。

監督は、『踊る大捜査線』シリーズの脚本家である君塚良一。第32回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で最優秀脚本賞を受賞した話題作だ。

世界観を反映した主題歌に注目

マスコミの「報道という暴力」を真正面から描いた映画の内容もさることながら、その世界観とマッチした主題歌「あなたががいるから」がなかなか良い。

この主題歌「あなたががいるから」(原題:You Were There)を歌っているのは、イギリスのボーイソプラノ合唱団のリベラ(Libera)。

2006年のNHK土曜ドラマ『氷壁』の主題歌「彼方の光 “Far away"」で以前にも注目を浴びていたコーラスユニットだ。

ボーイソプラノ独特の透明感ある清らかな歌声は、シリアスな映画の雰囲気をぐっと引きしめてくれる。

映画「誰も守ってくれない」を見ない人でも、このリベラの歌声を一度は聴いて見てほしい。先月リリースされた最新アルバム「祈り~あなたがいるから」(右上ジャケット写真)の第1曲目に収録されている。今後も彼らの活躍の場を目にすることがきっと多くなることだろう。

【試聴】リベラ あなたがいるから "You Were There"