夏休み子ども科学電話相談
オープニングのクラシック音楽は?

ヘンデル管弦楽曲集『水上の音楽』より『序曲』

「夏休み子ども科学電話相談」は、毎年夏休みに放送されるNHKラジオの科学教育番組。全国の小中学生から寄せられた科学や天文、生物などに関する疑問を、研究機関の職員や園長、専門施設の学芸員や館長、大学教授や講師といったアカデミックな専門家らが生放送で回答していく。

過去には、国立天文台副台長、日本野鳥の会理事、旭山動物園 元園長、国立科学博物館 水産学博士、甲南大学理工学部教授といった各分野の要職に携わる高度な専門家らが番組に出演しており、回答者の専門性・学術的知識という点では、過去にTBSラジオで放送されていた「全国こども電話相談室」(芸能人中心)を総合的に圧倒している。

ヘンデル管弦楽曲集『水上の音楽』

「夏休み子ども科学電話相談」オープニングテーマ曲として番組冒頭で流れるクラシック音楽は、18世紀イギリスで活躍した作曲家ヘンデル(Georg Friedrich Handel/1685-1759)による管弦楽曲集『水上の音楽』より『序曲』。

18世紀バロック期の作曲家ヘンデルによる古めかしくも優雅で華やかな『水上の音楽』は、学術的・専門的な内容を扱う「科学電話相談」のオープニングにはぴったりな楽曲だ。

なお、ヘンデルによるその他の有名な曲・代表曲については、こちらの特集ページ「ヘンデルの有名な曲・代表曲 名曲解説と試聴」を適宜参照されたい。

【試聴】ヘンデル組曲「水上の音楽」