ラジオ体操の歌・テーマソング
「新しい朝が来た 希望の朝だ♪」

作詞:藤浦洸/作曲:藤山一郎

「新しい朝が来た 希望の朝だ♪」が歌い出しの『ラジオ体操の歌』は、作詞:藤浦洸、作曲:藤山一郎によるラジオ体操テーマソング。

夏休みの早朝には、小学生児童らが出席カードを持って町内の公演や広場に集まり、ラジカセから流れるラジオ体操の音楽に合わせて体操を行う光景が見られる。出席カードにはゴム印・スタンプが押され、夏休みが終わる頃には参加賞や皆勤賞などの景品がもらえる地域もあるようだ。

『ラジオ体操の歌』作詞者の藤浦洸(ふじうら こう/1898-197)は、コロムビアレコード専属で美空ひばり『悲しき口笛』、『東京キッド』などを手掛けた作詞家。虫刺されの塗り薬「キンカン」で知られる金冠堂のCMソング『キンカンの唄』の歌詞も藤浦洸の作品。

作曲者の藤山一郎は、『丘を越えて』、『青い山脈』などの流行歌を歌った昭和の国民的歌手。東京音楽学校で正規の声楽・歌唱法を学び、歯切れが良く格調高い歌声が高く評価された。

歌手としての知名度が高いが、『ラジオ体操の歌』をはじめとして、全国各地の小中学校・高校の校歌の作曲や企業の社歌などの作曲活動にも尽力した。

藤山一郎が歌うバージョンの音源は?

今日ラジオから流れる『ラジオ体操の歌』は、少年少女らによる合唱バージョンが流れることがほとんどだが、藤山一郎が歌った作曲当時のバージョンの音源も2014年現在入手が可能である。

上のCDジャケット写真「実用ベスト NHKCD ラジオ体操 第1・第2/みんなの体操」では、モノラル音声の藤山一郎版『ラジオ体操の歌』が最終トラックに収録されている。

古い曲なので現在の町内会などで流す音声としては新しい合唱版の方が受け入れられやすいかもしれないが、歴史的な資料価値のあるCD音源としての存在意義はあるのではないか。どうせなら合唱版も合わせて収録してくれればベストだったようにも思われるが、それについては今後のリリースに期待することとしよう。

関連ページ

ラジオ体操 第1第2 ピアノ伴奏曲・楽譜
腕を前から上にあげて 大きく背伸びの運動から はい!

【試聴】ラジオ体操の歌 藤山一郎