ストラヴィンスキー『火の鳥』
Stravinsky - The Firebird

安藤 美姫/2013-2014 FS フリー使用曲

2年間のブランクを乗りこえ、現役最後のシーズンへ向けて不死鳥の如く復活を遂げた女子フィギュアスケートの安藤 美姫(あんどう みき)選手。

ソチ五輪へと続く2013-2014シーズンのフリースケーティング(FS)に使われる曲は、ロシアの作曲家ストラヴィンスキーによるバレエ音楽『火の鳥』。

安藤 美姫選手の『火の鳥』といえば、ジュニア時代の2003-2004シーズンおよび2004-2005シーズンの同じくフリーでプログラムに使用された曲。

ジュニア時代のプログラムにも

2003-2004シーズンの安藤美姫選手は、JGPファイナル、全日本ジュニア選手権、世界ジュニア選手権をすべて第1位、全日本選手権では村主章枝選手や荒川静香選手らをおさえて初優勝を果たし、翌シーズンも連覇するという破竹の快進撃を続けていた。

ジュニアからシニアへの脱皮を遂げた節目のシーズンで、ストラヴィンスキー『火の鳥』はフリーの曲として安藤美姫選手と共に戦ってきた、いわば戦友のような存在。

現役引退を予定した最後のスケーティングとなる大事な人生の節目の2013-2014シーズンにおいて、ストラヴィンスキー『火の鳥』をもう一度プログラムに使用した安藤美姫選手の決意のほどは、一般の我々には計り知れないものがあるのだろう。

マスコミや世間の好奇にさらされ、天空へと羽ばたく翼は傷つき、以前の様には空を舞うことはできないのではと危ぶまれた最終シーズンだが、9月のネーベルホルン杯SPではトリプルループなどを決め、復調の兆しを見せ始めている。

火の鳥の如く、不死鳥の如く、銀盤の上をもう一度軽やかに舞う安藤美姫選手の健闘を、テレビ越しにでも祈らずにはいられない。そしてシーズン後は、どんな結果であれ、ゆっくりと傷ついた羽根を休めて、また新たな人生をしっかりとスタートさせてほしい。

【試聴】ストラヴィンスキー火の鳥 ベーム&ウィーンフィル

【試聴】安藤美姫 ネーベルホルン杯2013 フリー演技

関連ページ

安藤美姫 プログラム使用曲
女子フィギュアスケートの安藤美姫がフリースケーティング(FS)やショートプログラム(SP)、エキシビション(EX)などのプログラムで使用した楽曲まとめ
女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ