宮原 知子 プログラム使用曲・音楽

Satoko Miyahara - Figure Skating Music

宮原 知子(みやはら さとこ/1998-)は、日本の女子シングル・フィギュアスケート選手。幼少期はアメリカで育ち、5歳の時からスケート教室に通い始めた。

当初は逆回転(右回転)のジャンプを跳んでいたが、今ではコーチの指導により順回転(左回転)に矯正されている。なお、今でも逆回転のダブルジャンプもスピンもできるそうだ。

2011年・2012年の全日本ジュニア選手権で2連覇を果たし、2013-2014シーズンにはシニアのグランプリシリーズ初参戦で5位となった。

将来の夢は、オリンピックで金メダルを取ること。2014-2015シーズンにおける日本スケート連盟(JSF)特別強化選手として、今後の活躍が期待される。

2015-2016シーズン

「リバーダンス」より『ファイヤーダンス Firedance』
鈴木明子 2009-2010SPシーズン使用曲
フランツ・リスト『ため息』
ショパンと親交のあった19世紀ハンガリーのピアニスト
翼をください
ボーカル:ヘイリー・ウェステンラ

2014-2015シーズン

モーツァルト オペラ『魔笛』より
振付:ローリー・ニコル
ミュージカル『ミス・サイゴン Miss Saigon』サントラ
1989年にロンドンで初演されたミュージカル。4000回以上のロングラン公演を記録している。

2013-2014シーズン

映画「戦場のメリークリスマス」サントラ
坂本龍一の代表曲。英国アカデミー賞作曲賞受賞曲。
ポエタ Poeta
スペイン・アンダルシア州出身のフラメンコ・ギタリスト、ビセンテ・アミーゴ(Vicente Amigo Girol/1967-)による楽曲。

関連ページ

女子フィギュアスケート プログラム使用曲
浅田真央、荒川 静香などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な女子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ