羽生 結弦 プログラム使用曲

Yuzuru Hanyu Skating Music

宮城県仙台市出身の男性フィギュアスケート選手、羽生 結弦(はにゅう ゆづる/1994-)。

2種類の4回転ジャンプ(トウループとサルコウ)と柔軟性の高いビールマンスピンやドーナツスピンを得意とする。

2010年には世界ジュニア選手権で優勝、2012年の世界選手権で第3位、2012-2013シーズンにはNHK杯のショートプログラムで歴代最高得点をマークし初優勝、グランプリファイナルへ進出した。

2012 グランプリファイナル出場者一覧

2014冬季ソチオリンピック フィギュアスケート結果・スコアはこちら

2016-2017シーズン

Let's Go Crazy
プリンス・アンド・ザ・レヴォリューションによる1984年のアルバム『パープル・レイン Purple Rain』より
久石譲メドレー
『Hope & Legacy』、『View of Silence』、『Asian Dream Song』

2015-2016シーズン

ショパン『バラード第1番』
浅田真央 2010-2011 EX使用曲
映画『陰陽師』サウンドトラックより 『SEIMEI』
振付:シェイ=リーン・ボーン
天と地のレクイエム
東日本大震災鎮魂歌「3・11」 作曲:松尾泰伸

2014-2015シーズン

ショパン『バラード第1番』
浅田真央 2010-2011 EX使用曲
オペラ座の怪人
女性歌手サラ・ブライトマンの元夫・ロイド・ウェバーの楽曲

2013-2014シーズン

パリの散歩道 Parisienne Walkways
2012-2013シーズンと同曲
映画「ロミオとジュリエット」サントラ
作曲:ニーノ・ロータ
スクリャービン 練習曲第12番「悲愴」
編曲:トルガ・カシフ、演奏:マキシム

Parisienne Walkways - Gary Moore

2012-2013シーズン

パリの散歩道 Parisienne Walkways
北アイルランド出身のロック・ギタリスト、ゲイリー・ムーア(Robert William Gary Moore)の楽曲
ノートルダム・ド・パリ
ヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』を原作としたミュージカルのサントラより
ハロー・アイ・ラヴ・ユー Hello, I Love You
1960年代に活動したアメリカのロックバンド、ドアーズ(The Doors)が1968年にリリースしたシングル

2011-2012シーズン

練習曲第12番 嬰ニ短調「悲愴」
ロシアの作曲家アレクサンドル・スクリャービンによるエチュード(練習曲)。1894年作曲。
映画『ロミオ+ジュリエット』、『Plunkett & Macleane』より
前者はシェイクスピア『ロミオとジュリエット』を原作とした1996年のアメリカ映画。後者は1999年の映画「プランケット&マクレーン」。プログラム使用曲の作曲者はいずれもスコットランドの作曲家クレイグ・アームストロング(Craig Armstrong/1959 - )。
サムバディ・トゥ・ラヴ
歌はカナダの男性歌手ジャスティン・ビーバー(Justin Drew Bieber/1994-)

2010-2011シーズン

ホワイト・レジェンド
チャイコフスキー作曲バレエ音楽『白鳥の湖』より
ツィゴイネルワイゼン
スペインのヴァイオリニスト、サラサーテが1878年に作曲したオーケストラ付きヴァイオリン曲。タイトルは「チゴイネルワイゼン」とも表記される。
ヴァーティゴ Vertigo
アイルランド出身のロックバンド、U2(ユーツー/ユートゥー)の楽曲。

関連ページ

男子フィギュアスケート プログラム使用曲
羽生 結弦、高橋 大輔などの日本選手を中心に、国際大会で活躍する有名な男子フィギュアスケート選手のプログラム使用曲まとめ
フィギュアスケートで使われた曲・音楽
世界フィギュアやグランプリシリーズなどの国際大会で上位に入賞した有名なフィギュアスケート選手のプログラムで使われた楽曲まとめ