alan『懐かしい未来 ?longing future?』

NHK地球エコプロジェクト テーマソング

『懐かしい未来 longing future』は、チベット族中国人女性歌手alanの日本における3rdシングル。2008年7月2日にavex traxよりリリースされた。

NHK地球エコプロジェクト“SAVE THE FUTURE 2008”のイメージソングとして広まり、その後もNHKでエコ活動普及のテーマソングとなっている。

間奏部分の印象的な高い発声は、チベット民謡独特の高音フェイクを駆使して歌いあげられている。

作詞は、『メトロポリタン美術館』の大貫妙子。作曲は、浜崎あゆみやEvery Little Thingなどに楽曲を提供している菊池一仁(きくち かずひと)。

チベット人女性歌手alanとは?

alan(アラン 阿蘭/1987-)は、中国四川省美人谷出身の女性歌手で、チベット族。8歳から二胡や歌を習い、16歳で北京にある解放軍中国藝術学院声楽科に入学する。

2006年にエイベックスがアジア進出に向けた「avex China新人発掘オーディション」で、軍服姿で二胡を演奏しながら歌を披露する彼女の姿が同社長の松浦勝人や審査員の目をくぎ付けにした。

オーディションで歌った歌は安室奈美恵の「NEVER END」と夏川りみの「涙そうそう」。「涙そうそう」では得意の二胡を披露している。オーディション時の軍服は学校の制服だった。

エイベックスの数々のヒット作品を手がける菊池一仁をプロデューサーとして、2007年11月21日に「明日への讃歌」で日本デビューを果たした。

映画『レッドクリフ』主題歌も

2008年10月には、ジョン・ウー監督の三国志アクション映画『レッドクリフ Part I』の全世界主題歌を担当。日本で6枚目のシングル「RED CLIFF ?心・戦?」をリリース。

2009年4月公開予定の『レッドクリフ Part II』の主題歌も引き続きalanが担当する。日本語版のタイトルは「久遠の河」(予定)。

なお、2009年3月4日にはファーストアルバム『Voice of EARTH』をリリース予定。

【試聴】alan 懐かしい未来?longing future?

【試聴】alan / RED CLIFF ?心・戦?